MENU

ガーデンクリニックの脂肪吸引による傷跡について

突然ですが、あなたがもし「脂肪吸引」をするとしたら、気になることはどんなことですか?

 

費用や効果、痛みの具合などももちろん気になりますが、手術による「傷跡」も気になりますよね?脂肪吸引をしようと思う人は、痩せたい、きれいになりたいと思っているはずです。いくら痩せてきれいになっても、明らかに「脂肪吸引をした」とわかるような傷跡が残っていたらどうでしょう。せっかくきれいになっても、自分に自信などなくなってしまうかもしれません。そこで、数ある「脂肪吸引を行うクリニック」の中でも、脂肪吸引で有名な「ガーデンクリニック」の傷跡について調べてみたいと思います。

 

ガーデンクリニックの脂肪吸引による傷跡は目立ちにくい?

 

ガーデンクリニックでは、脂肪吸引の際に用いられるカニューレ(管)を部位に応じて使い分けをしています。それに加え、カニューレの先端をジルコニウムでコーティングしていますので、傷跡はほとんど残りません。

 

機械による脂肪吸引ではなく、ガーデンクリニックの脂肪吸引は「シリンジ法」という手作業です。丁寧に施術を行いますので、傷跡は小さく、広範囲になることはありませんので安心してください。

 

脂肪吸引の傷跡が色素沈着を起こすこともある?

 

脂肪吸引を行った際の傷跡が、赤や茶などの色素沈着を起こすことがあります。ガーデンクリニックの脂肪吸引で生じる傷跡は範囲がとても狭いので、たとえ色素沈着を起こしても「明らかに目立つ」ようなものではありません。時間とともに肌に馴染んで目立たなくなっていくでしょう。

 

ガーデンクリニックでは、脂肪吸引手術後もアフターケアが充実しています。たとえば「傷跡」についての不安や悩みも、アフターケアの際にしっかり対応してもらえます。女性にとって、「傷跡が目立つ、残る」ことはとても辛いものです。

 

傷跡をできるだけ作りたくないという人は、ガーデンクリニックの脂肪吸引がおすすめです。もしも傷跡ができてしまったときに、しっかり対応をしてもらえるのは嬉しいポイントだと言えるでしょう。